家事代行と言えば家政婦と呼ばれる人達を雇って、代わりに家事をしてもらうというものです。
この家事代行は機械が家事をしてくれるのではなく、人間に頼んでしてもらう事になるので、どうしてもトラブルが発生する事があります。トラブルの内容を事前に知っておく事によってそういった事を未然に防ぐ事が可能になります。
まず物損事故です。これは、家の花瓶を誤って割ってしまったという事等です。
これはプロとして起こしてはいけない事態であるので、証明する事さえ出来れば損害請求をする事が出来ます。
もっと厄介な事としては、不慮の事故や配慮不足による障害です。
例えば高齢者がいる家庭であるのに、歩く所に邪魔になる物を置いていて、それにけつまづいてこけてしまい骨折したというような事です。これは物損事故よりも厄介であり、人を傷つけられるという事はこれ以上の事件はありません。
こういった事を防ぐ為にも信頼と実績のある業者に依頼する事が大切です。
最も多い事例としては、コミュニケーション不足によって起こるものが多いです。
家政婦事態が家の人間に嫌われる事例があります。依頼者としてはそれだけで仕事を取りやめる事は無いにしても、利用者としては気持ちよく家事をしてほしいところです。また、事前の見積もりの話し合いが上手くいかなかった事例も存在します。
細かい事を伝えきれずに家事をしてもらう事になって、結局満足行く仕事をしてもらえなかったという事もあります。

働くお母さんにとって、家庭と仕事の両立は永遠の悩みでもあります。
どちらもしっかりこなしたいけれど、体は1つしかありません。
平日は一生懸命オフィスで働いたら、たまの休日は掃除や洗濯などの家事を忘れ、家族との時間を大切にしてゆっくり休みたいものです。
そんなお母さんにぜひ利用していただきたいのが、家事の代行サービスです。
家の中を他人に任せるのは抵抗があるという方もいらっしゃることでしょう。
しかし、しっかりとした家事代行業者さんを選んでおけば、安心して任せることができます。
不在中の部屋の掃除、片付け、それから買い物や料理など、あらゆる家事をお母さんに代わって行ってくれるサービスがここには揃っています。
サービスを全部利用しても良いですし、いくつかのサービスを利用しても良いでしょう。
勤務時間や帰宅時間、家族構成など、それぞれのライフスタイルに合わせてサービスを自由にセレクトできます。
また、定期的なハウスクリーニングサービスなどもあるので、年末年始の大掃除などで利用するのもおすすめです。
ぐったり疲れずに気持ち良く新年を迎えることができます。
また、お子さんのためのベビーシッターのサービスもあります。
幼稚園、保育園への送迎、習い事などの付き添い、ご家族が帰宅するまで一緒に過ごしてもらうことができます。
これなら小さなお子さんを家に残していても、無理な残業だってこなして、しっかり仕事に集中することができます。

家事代行サービスを使われているお客様は、ほとんどが共働きのご家庭です。
中には、単身赴任の方や一人暮らしの方などもおられます。
お年寄りが利用されているイメージが強いという方もおられるようですが、お年寄りで利用されている方は少数派です。
やはり、年代的にも、お金を払って家事をしてもらうということに抵抗を持っておられる方が多いからだと思われます。
頼める家事といえば、ほとんどの方が想像されるのが、リビングやキッチン、お風呂やおトイレなどの掃除です。
しかし、意外と知られていないのが、買い物です。食料品の買い物もありますし、一人暮らしの方であれば、日用品の買い物を頼まれる方もよくおられます。さらに、靴磨きを頼まれる方もおられます。
また、こちらもあまり知られていませんが、布団干しを頼まれる方もおられます。
たいていが共働きの方が利用されているため、なかなか昼間に布団を干すことができないのでお願いされるのです。
掃除をしている間の短時間だけでいいので、布団を干しておいてほしいという依頼です。料理の作り置きのサービスなどもあります。
一週間分の料理を、家で料理してもらい冷蔵・冷凍保存しておいてもらうのです。
好き嫌いや、アレルギーの面でも配慮してもらえます。もちろん食材の購入からしてもらえるので、炊きたてのご飯をそえればすぐに食べることができるようになっています。
これもあまり知られていませんが、平日は仕事が忙しくて料理ができない女性の方にはとても便利です。